2008年04月15日

火災報知機設置の義務化がもたらす影響

火災報知機の設置が義務化される事で、各方面に様々な影響が出ることが予想さ
れます。

まず、火災報知機は煙や熱によって反応します。
よって、火災でなくとも、魚を焼いていたり、揚げ物をしている際に熱が篭った
りした場合、センサーが反応してしまい、アラームがなる可能性があるのです。
また、誤作動の可能性もあります。
義務化されるということは、最低でも一家に一つは取り付ける必要があるので、
その数はこれまで市場に出回っている量の比ではなくなるはずです。
そうなると、不良品も少なからず出てくることになるでしょう。

これらによって、しばらくの間はしょっちゅうアラームが街中に鳴り響くといっ
た事態になりかねません。
そうなると怖いのが、どうせ誤作動だろうという先入観です。
これを持ってしまうと、実際に火事が起きてアラームがなった場合でも、あまり
危機感を抱かずにのんびりと対応してしまい、取り返しのつかない事になった…
…なんて事になれば、義務化した意味がありません。

また、火災報知機設置の義務化によって与えられる影響は、火災報知機を扱うメ
ーカーにも現れるでしょう。
そうなると、一部上場している企業であれば、株価に影響を及ぼします。
つまり、社会そのものに影響を与えるということです。

火災報知機の設置が義務付けられる事で発生する影響力は、侮れないものがあり
ます。
それでかなりおいしい思いをする人たちもいれば、少々困ったことになる人もい
るでしょう。
ただ、それは実際に義務化がなされてからでないと、はっきりとはわかりません

2008年6月以降、果たしてどういった影響が見られるのか、注目です。
posted by 火災報知器 at 18:22 | TrackBack(0) | 火災報知機設置の影響
最近の記事